最近の仮想通貨市場はかなり低迷してますが・・・今後どうなって行くのでしょうか!?

私は子供の頃、当時ダイヤル式の黒電話に驚きを覚えていたことを今でも忘れません笑
子供ながらに何で「?」ダイヤルを回せば相手に繋がり会話ができてしまうの??

皆さんも疑問に思いませんでした?

それから数年後にポケベルが流行り、携帯電話当時は確か「030」の番号でしたよね。
確か5秒ぐらいで10円だった記憶があり、
料金が高いから最低限の事だけを伝えて直ぐに切ってたことも覚えてます。
そこからPHSが流行り、ガラケー ⇒ スマートフォン
アメリカ等ではマイクロチップを手に埋め込んだりと、もう全然時代について行けてません笑


■実際はどれくらいの人達が仮想通貨を始めたのでしょうか!?
ある統計ではピーク時には、約350万程度の人口が取引所に口座を開設したとも言われております。
私の見立てでは100万人前後の人達が、現在でもトレードしているのではないかと予想しております。

その計算でいくと約35人に1人辺りの人が、
仮想通貨に興味を持って口座を開設したのは、
多いのか少ないのかは分かりませんが、
少なからず5年後にはその数の3倍程度に膨らむのではないかと、私は予想しております。


朝日豊貴の今後予想される仮想通貨市場とは・・・
でも今の価格帯を観ていると、
また暴騰する前の準備期間ではないかと私は予想しております。
なぜなら、暗号通貨市場はまだ規制が追い付いていなく、
一部の限られた莫大な資金力のある富裕層達が、
価格帯をコントロールしているとも言われております。


札幌の人口約195万人
仙台の人口約100万人
東京の人口約1300万人
大阪の人口約880万人
名古屋の人口約230万人
福岡の人口約160万人