米国ではATMでビットコインが購入可能になる

アメリカ米国では10万台以上のATMでビットコイン(BTC)が買うことができるのです!

今現在でも米国ではATMが2300台程度あると言われておりますが、
10万台以上設置されるとなると、現時点ではあまり興味がないユーザーにも
気軽に買えるとなると今後価格帯に好影響が出てくるかもしれません。


日本では取引所へ日本円を振り込み、
インターネットを通じてビットコインも含めてアルトコインを売買することができます。
でも、もし急にアルトコインを買おうと思っても、先ずは取引所に口座を開設してからになるので
手続きの手間や時間が掛かるため、その時点でめんどくさくなり辞めてしまう人もいるのではないでしょうか。

今後、ジュースやタバコのような自動販売機が多いと云われる日本にも、
仮想通貨が自動で買える日が来るかもしれませんね!


米国が先駆けとなりその後日本も含め、世界各地でATMの設置が進めば、
需要は益々大きくなり市場にも良い好材料になることは間違いありません。


仮想・暗号通貨は今後どうなっていくのか。
仮想通貨の投資について朝日豊貴が分かりやすく記事を書いていきます。
札幌・仙台・東京・大阪・名古屋・福岡全国までキャッシュレスが進む昨今、ビットコインを基軸として高騰して行くのでしょうか。

暗号通貨・キャッシュレス時代が訪れるかも!?
AIなども益々普及して未来はどうなるのでしょうか。

法定通貨と仮想・暗号通貨の違いとは
キャッシュレス化が進んで行く世の中に法定通貨の日本円(現金)が浸透している日本人にも普及して行くのでしょうか。