中国でもデジタル通貨開発が進む背景には

中国人民銀行によるデジタル通貨、フェイスブックの暗号資産「Libra]について言及した。


Libraが決済、特に国際決済で広く普及した場合、普通のお金として機能し得るのか
また機能した場合、金融政策や財政の安定、国際通貨制度にどれほど大きな影響が与えられるのかと指摘。


Libraの台頭により中国政府は、これまで進めていた暗号資産リサーチ段階から開発段階へ移行に迫られているとし、中国人民銀行はLibraに高い関心を寄せている模様だ。


過去に習近平がブロックチェーン技術を「将来の中国に重要となる技術の1つに位置付けていると感じた」と言っており更に「中国の国民は暗号資産となった中国元のみを利用することになるだろう。中国人民銀行は中国元をデジタル通貨へと置き換えるはずだ」

中国が人民元をデジタル通貨にするのではないかとの憶測は指摘されているみたいだが、Libraの登場で中国の暗号資産の開発が加速しているのではないかと朝日豊貴はそう考えている。

今度はBITPOINTでハッキング被害30億円